本場、カリフォルニア発!ワインのサブスクリプションコマース「Winc」

winc-top

※ この記事は2017年11月14日に更新しました!

 

こんにちは!テモナ株式会社です。

日々業務忙しい通販・EC事業者様に向けて、ミミヨリな情報を配信していきます!

今回は、ワインのサブスクリプションコマースの事例について、紹介します。

サブスク向き商材、ワイン

最もサブスクリプションコマース向きな商品、ワイン。嗜好品はパーソナリティと紐つけやすいため、以前紹介した日本酒同様、サブスクリプションコマースで大人気の商品です。国内でも「ワイナレッジ」というサービスが登場しています。

今回はワインの本場、アメリカ・カリフォルニア州で産まれたワインのサブスクリプションコマース「Winc」を紹介します。

winc-1

 

ワインのサブスクリプションコマース「Winc」

Wincは、味覚に関する6つの質問に答えると、その回答結果からおすすめされるワインが毎月4本届くサブスクリプションサービス。1本あたり13ドル〜75ドルのワインなので、特別高価というわけでもありません。コンセプトは”簡単に・楽しく体験してもらう”ことなので、ワイン初心者にも安心です。

世界中のワインメーカーとパートナー契約を結んでおり、100種類以上のワインから選べるそうです。もちろん旬なワインが届くよう、季節に応じてラインナップは更新されます。

winc-2

 

6つの質問で味覚を判断

では、具体的にどんな質問がされるのでしょうか?実際に購入画面を進めてみました!

winc-3

『Q1.コーヒーはどのようにして飲みますか?』
ワインのサービスのはずなのに、コーヒーの質問から始まるとは驚きです。個人的にスターバックスが好きなので、『フラペチーノ』を選びました。

winc-4

『Q2.(普段の食事で)塩をどう扱っていますか?』
いろんな料理に塩を入れがちなので、『時々使う』を選択。

winc-5

『Q3.柑橘類は好きですか?』
『好きだけど、大好物ではない』を選択。

winc-6

『Q4.きのこや黒トリュフなど、土っぽい味は好きですか?』
『あまり好きではない』を選択。

winc-7

『Q5.ブラックベリー、ブルーベリー、ラズベリーは好きですか?』
ブラックベリーがわからないのですが、ブルーベリーとラズベリーはそこそこ好きなので『アイスクリームやパイに入っていると好き』を選択。

winc-8

『Q6.食べ物や飲み物について、何でも試してみる方ですか?』
結局最後までワインに関する質問はありませんでした。好き嫌いは多い方なので、『積極的には新しい味を試さない』を選択。

winc-9

すると、赤ワイン2本・白ワイン2本がオススメされました。具体的に何のワインなのでしょうか?『SEE YOUR WINES』をクリックしてみると…。

winc-10

結果はこちら。

●2016 Passarola Red Blend(赤ワイン)
●2016 Invoke Syrah(赤ワイン)
●2016 Field Theory Albariño(白ワイン)
●2016 Finke’s Widow Sparkling White Blend(白ワイン)

調べてみましたが、全て日本では販売されていないワインです。ワインのスペックについては、Wincの商品詳細ページで確認することができます。

Winc-11

20ドルのワインが1本、13ドルのワインが3本で合計59ドルのところ、初回割引としてクーポンが適用され37ドルに。嬉しいことに送料無料です。日本円にして約4,200円でした。何てリーズナブルなサービスなのでしょうか。

ポイントは、質問の内容です。数回試してみたのですが、毎回同じ質問です。この6問だけで、どんなワインが好きなのかが大体分かるということですね。皆さんがサブスクリプションコマースを実施する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

安心・お得な評価制度

そして、Wincは”ワインを届いて終わり”ではありません。到着後、届いたワインを評価するように促されます。10本のワインを評価すると、10ドルがバックされるという仕組みです。

それだけではなく、『返金保証』『いつでも休止・解約OK』という特典付きです。

winc-12

食品や飲料といった原価率の高い商品で、このような特典まで付けるのは非常に勇気が要りますよね。しかし、だからこそWincはファンの根強いサブスクリプションコマースなのかもしれません。

 

ファンを”広告塔”に

ユニークなのは、サイトの中でアフィリエイターを募集をしていることです。アフィリエイターとは、自分のブログやウェブサイト上で商品・サービスを紹介し、宣伝効果による広告収入を得ている人のこと。

日本では、EC事業者がASPサービスからアフィリエイターを探し、「良いサイトを持っている人がいたら契約する」という流れが一般的ですよね。

しかし考えてみると、サブスクリプションコマースにおける一番の広告塔は、他ならぬ会員・ファンです。何故なら商品がひとつではなく、その人の好みによって変わるからです。このプロモーションは海外だから通用する手法ではなく、日本でも応用できる手法といえるでしょう。

winc-13

 

まとめ

今回紹介したWincの事例で、重要ポイントと感じたのは以下の3点です。

① 味覚に関する6つのシンプルな質問で、商品をレコメンドしている点
② 『評価制度』『返金保証』などで、安心を勝ち取っている点
③ サイト上でアフィリエイターを募集し、プロモーションに繋げている点

今回の記事を参考に、「サブスクリプションコマースをやってみよう!」と思う方がいればとても幸いです。

たまごサブスクリプションは、これから頒布会・サブスクリプションコマースを始めたい方にうってつけのシステムです。
何かお力添えできることがございましたら、お気軽にご相談ください。

TOIAWASE

より良い情報をあなたにお届けします

サブスクリプションでの成功事例や定期購入の内容に興味がある人向けに、ホワイトペーパーのダウンロードサイトのご案内やメルマガを送信しています。是非、ご登録ください。

会社名(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

連絡先電話番号

都道府県(必須)

 個人情報の取り扱いに同意します

The following two tabs change content below.
青栁陽介@テモナ株式会社

青栁陽介@テモナ株式会社

日本ダイレクトマーケティング学会 正会員/通販エキスパート検定1級保持|eコマースの全体的な構築からCRMの設計まで、通販ビジネス全体を支援。事業者の売上を上げるためのコンサルテーションを日本全国で開催中。